小学校入学前にやっておいた方がいいこと

小学校に入学する前に勉強しておいた方が良い事

>

どうやって勉強するの?

読み書きの勉強方法

ひらがなを読めるようになるには何をしておけばよいでしょうか?
まず、絵本などが取り組みやすい方法だと思います。
赤ちゃんの頃はお母さんやお父さんに読み聞かせをしてもらうことが当たり前かもしれません。
ただ、ある程度大きくなって、絵本の内容も覚えてきたら自分で読むように言ってみるといいでしょう。
自分が慣れ親しんできた内容なら楽しんで読めますし、絵本なら文字が大きいのでひらがなを読んでみる意欲が湧きます。
まずは、ひらがなに興味を抱かせることから始めてみてはどうでしょう?

ひらがなを書けるようにするのは少し難しいかもしれません。
ただ、ひらがなに興味を抱かせれば自分から書いてみるという行動をするでしょう。
また、今では幼児教育用にひらがなのプリントなどが豊富にあります。
なぞり書きをするにのいいものがありますので、活用してみるとよいでしょう。

数字、時計の勉強方法

数字と時計については普段の家での生活でも鍛えられそうですね。
家に複数あるものがあれば、全て数字を数える力を鍛える材料になります。
箸やコップなどは、食事の手伝いをしてもらいながら数字にも触れられる、一石二鳥な材料ですね。
「○個とって」「何個ある?」など、質問して考えさせるのもいいでしょう。
また、時計に関しても家の中にある時計を見て読むという行為を毎日していれば自然と時間を読めるようになります。
最初は時間を読むのは難しいかもしれませんが、クイズ形式などにして親と一緒に取り組むと楽しくできるでしょう。
子どもは楽しんでやることで一番身に付きます。
子どもと一緒に楽しんでやれる方法を見つけていきましょう。


この記事をシェアする